FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3年前の“ボストン集結”事件に端を発した勝てば官軍的移籍劇。
そして2年前の“ガソル献上”事件を皮切りに頻発している主力選手のトレード志願。

マスコミは自分たちに都合のよいスポットライトを浴びせ、
球団はお金の勘定ばかり。

――――世はNBA暗黒時代に突入した。

pop_d_01.jpg


全く嘆かわしい。
ファンがあってこそ、チームを支えてくれるコミュニティがあってこそ、
スポーツビジネスが成立するというのに、
こんなことばかり続いたら、本当のファンの気持ちは冷めてしまう。




しかし、アメリカはテキサス南部に、未だ悪の手が及んでいないNBAファンの楽園があった。

小さな街ながら全米スポーツ界No.1コミュニティ賞の常連”
“コートサイドで最もファエンタテインメントが味わえる”と評される、

その街の名は――――――サンアントニオ。

中心部を運河が流れ、「リバーウォーク」と呼ばれる商店街が軒を連ねる情緒豊かな古き良き街。
開拓時代の象徴「アラモ砦」の名所には、古くから黒銀ファミリーが根を下ろし、人々の笑顔を蔭ながら見守っていた。

pop_d_01.jpg

この街を見ろ。
街は小さくとも、お互いをリスペクトし、手を取り合って暮している。

なぜみんな、この街のようになれないんだ。
おい野郎共!!




tonyp_d_01.jpg



はッ!




timmyd_d_01.jpg




ナンデショウ、ボス。




manu_d_01.jpg



ちょっと待って、ツイッター終わったらすぐ行く。





pop_d_01.jpg


・・・・・・・・。

・・・悪党には仕置きが必要だ!




自らのプレーとその生き様で、
金と女と名声に目がくらんだ、このNBA暗黒の時代を終わらせてみせる。

かくして、今ここサンアントニオの地からいぶし銀の男達が立ち上がった!


(第1話へ続く)

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://5s5.blog122.fc2.com/tb.php/79-fdc31032
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。