上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
事件です。

世界バスケで盛り上がったのも束の間。
国際試合で大変な事件が起きてしまいました。

舞台はブラジル代表vs中国代表の親善試合。

世界バスケでキセキの1回戦突破を果たし、大盛り上がりの中国が、アジアカップへ向けて同じく世界バスケで躍進したブラジルを招聘して行った、なんとも明るい未来を感じる試合だったはずですが・・・・、




最悪の大乱闘。


いただけないにも程がある。

映像見る限りでは、どちらかというと中国選手が一方的に襲い掛かっているように見えますが。
てか、おれにはチーマー(死語)にしか見えない。

(事件の詳細はこちら。)

事の顛末は、疑惑の判定(危険なファウルだったらしい)にキレた中国代表監督がまず机を叩き壊し、不穏な空気に。
そしてその後激しい肉体的接触が続き、ファウルをきっかけに乱闘へ発展。
数人が軽い怪我をし、ブラジル代表の試合放棄・・・・というカタチで収束した。

試合後、ブラジル代表はブラジル大使館に連絡。
外交手段での解決を求めている。

中国バスケ教会は、この乱闘問題をブラジルチームやファンに謝罪。
事態を重く受け止め、当面トレーニングなどの活動を停止し、関係者に対してスポーツ道徳の補習授業を行うとのこと。



これで明るかった未来も、アジアカップも全てがパーですよ。
トレーニングも禁止され、何よりファンを裏切ったこの功罪は、ちっぽけな勝利で返せるものではない。

レブロンの移籍とはまた語られるステージが違うが、そもそも論って意味では一緒。
これでアジアカップ優勝したり、金メダル獲ったところで、それがなんだよ?って感じに思ってしまう。

ujd823g3ql29yds.png

giuoe7fo198yh2n9isqw.png

やり返さずにロッカールームへ引き上げたブラジル代表は、まじで評価する。

そして大怪我をした選手がでなかったことが、不幸中の幸いすぎる。
ティアゴがブラジル代表に帯同してなくて本当に良かった・・・・。

唯一、事件後の中国バスケ教会が素早く以下の発表をしたのは良かった。

『改めて事実を調査し、責任者は厳しく処罰する方針で、「国際バスケットボール連盟やアジア連盟とも、自主的に意思疎通と態度表明をする。(身内である責任者を)かばうことは、絶対にしない」という。』

サッカーの八百長等、スポーツ界のモラルで揺れる中国だが、バスケ界から変わっていけるかもしれない。

まったく、国旗掲げて何やってんだよ。
ドン引くよ。


あき (スパーズのメキシコ遠征の記事書くつもりだったのに・・・・。)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://5s5.blog122.fc2.com/tb.php/76-5fc5e3d0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。