上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日のエントリースパーズ支持が世界中に及んでいることにふれましたが、
これにはこんな背景もあると思う。

スパーズ所属選手の出身地 (13’~14’シーズン)

ティム・ダンカン     : アメリカ領ヴァージン諸島 ※1
トニー・パーカー     : フランス
マヌ・ジノビリ       : アルゼンチン
ティアゴ・スプリッター : ブラジル
ボリス・ディアウ    : フランス
マルコ・ベリネリ     : イタリア
ナンドゥ・デ・コロ    : フランス ※2
パティ・ミルズ     : オーストラリア
コーリー・ジョセフ   : カナダ
アーロン・ベインズ   : オーストラリア

1 現在はアメリカの市民権を取得済み
2 シーズン半ばでオースティン・デイとトレードで放出


登録選手枠14人の内、なんと10人がアメリカ以外の国籍を持っています。

これは勿論NBA記録。
(これまでの記録保持者もスパーズなので、自分達でそれを塗り替えたことになる)

NBAの国際化が顕著な昨今のトレンドの中でも異様に多いです。

non-US-players.png

出典: BestTickets.com (元記事はこちら

まさにBasketball without Bordersを地で行く国際派チームと言える。
ブライアン・コランジェロGM時代のTORでもこんなに多くなかったと思う。

対するMIAは1人・・・。 (つまりアメリカvs国際連合の構図でもあったわけですね)

まあそれはさておき、ここで言っておきたいのはこれが今回だけではないということ。
スパーズは毎年インターナショナルプレイヤーが多いんですね。
それこそここ10年ほどずっと。

となると、そこで気になってくるのが、NBAファイナルの視聴率問題。
SASがファイナルに進むたびに問題にされてきたわけで、サンアントニオ市民としてはなんだか勝ってはいけないような嫌な気持ちを抱いてきたのですが、ちょっと待てと。

その統計、所詮はアメリカ国内のことではないですか?

12689799700.jpg

インターナショナルプレイヤーが多いスパーズが勝ち進めば、その分彼らの母国ではニュースになるし、TV放映もされることだろう。 ヤオ・ミン時代のHOUは中国での視聴が爆発的に増えたと聞いているし、田臥勇太がNBAに挑戦していた時は日本でも取り上げられたじゃないかと。

そう、スパーズはアメリカ国内の視聴率はあまり高くなかったかもしれないが、世界的な視聴率や放映権料では実はこれまでもかなりNBAに貢献していたのではないか?

本ブログ「あれも鳥で」は、今後この「スパーズ実は視聴率高いかも」説を提唱していきます。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://5s5.blog122.fc2.com/tb.php/110-2d33ba6f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。