FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こないだのベケットのユニフォームが気になったので少々調べました。

personalized_jersey_spurs_home.jpg

そしたら意外にも「The NBA Store」ですぐに発見。
僕が見つけたのはアディダス社の製品。

以下、判明したこと。

▼ 価格は一律$49.99。 日本円にすれば¥5600ぐらい。

▼ NBA全30チームでホーム、アウェイと2カラーあるみたいだ。
スパーズのはこちら。 () 確かベケットは白のホームユニフォームだった。

▼ 前面、背面ともにプリントされ、通常5~7日で届けられるらしい。

▼ サイズはXLのみ。

▼ ナイロンメッシュの素材100%でできており、スポーティな仕上がりとのこと。

▼ アディダス®とNBA®のロゴが入っている。
Jock Tag は正面左下のすそらへんについている。 正式にオフィシャルな製品である。

▼ 輸入品である。

▼ リーグに所属する選手の名前でカスタマイズするなら、その選手が現在所属しているチームとマッチしている必要がある。 つまり、今ならセルティックスの緑ユニフォームにK・ブライアント#24とかは駄目ってこと。 (2007年11月現在)

▼ すでに引退した選手の名前は使用不可。

▼ 子供用も大人用もアルファベット12文字分までである。
すべて大文字でA~Z、0~9までの数字、スペース(空白)を使うことができる。

▼ 誹謗中傷したり、宗教的に貶めたりといった不適切な言葉は受理されない。

ということでした。

個人的には、輸入品だというのがすごく気になる、ってかツボでした。
NBA、いやアディダスのナイロンメッシュ素材の主な工場 or 発注先まで調べてみようかしらん。 まさか日本ってことはないよな?

これがあれば、ユニフォームに「あき #2」とか「BBBOYS」とか「LOUIS VUITTON #54」とかも可能だったわけですね。 「PLAY STATION #3」とか。 少しそそられるなぁ。

てかサンアントニオ在住時、AT&Tセンター(当時は名称:SBCセンター)でマリック・ローズのユニフォーム着てた子がいたんですよ。 あれはもしかしてこのシステムだったのか。

マリック・ローズが良かったのか? 

謎が謎を呼ぶ。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://5s5.blog122.fc2.com/tb.php/10-1c86d3e8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。