FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「サンアントニオ・スパーズ」 という単語から連想されるもの、というお題で会社のNBA好きの先輩(Knicksファン)にアンケートを取ってみました。 下記、連想されたワードを順番に。

・ 地味
・ ティム・ダンカン
・ 黒と白
・ 特に印象ない
・ なんかチームつくりがうまい(汚い)イメージ

いやー、むかつく!(笑)
一見地味なのはティミーであって、チームとしてのプレー自体はそこまで地味じゃねーよ。 (心の声)

と思いましたが、“自分の評価は他人が決める”という言葉があるように(今作った)、完全な第3者的視点から見たスパーズというのはこうなんだと大人な理解で今日は対応することに致します。

ニックスなんかビラップスの代わりにCP9でも獲って新ビッグ3体制築くも主力(カーメロあたり)がかみ合わずプレーオフには出るけど優勝できない誇りもない中途半端なチームになり果てるといいよ。

さて、王様の耳はロバの耳ー・・・・じゃなくて、連想されたワードを検証してみましょう。

① 地味
はい、これは散々言われてますが、果たしてどういうことでしょうか?
誰と比べるかによって違くないですか?? そもそも地味って何?

Yahoo!辞書によりますと、

【地味】じみ
1: 形や模様などにはなやかさがなく、目立たないこと。また、そのさま。
2: 性質や物の考え方・生活態度などが、飾り気がなくて控え目なこと。また、そのさま。質素。
反対語 ⇒ 派手

とあります。

20091117_1084753.jpg
こーいうことですか?

華やかさがないかと言われれば、決してそんなことない!と力説したいところですが、確かにオフェンシブにシフトチェンジした昨シーズンを除けば、スパーズの試合は他のチームと比べてダンクや3Pの割合は若干ながら少なかったのかもしれません。 ユニフォームも白か黒ほぼ一色だし。 (それが恰好良いのですが、さておき)

目立たないかと言われれば、これもそんなことない!と思います。
むしろ強豪ということで同マーケット規模のチームの中では、注目度は高いのではないでしょうか。
オールスター選手も毎年2~3人いますし。

まーでも確かに誌面等での扱いは小さいのでビッグマーケットのチームよりは目立っていませんけども。

これはひとえにティム・ダンカンの存在とカラー、そしてマーケットの小ささとサンアントニオ市民の質素で堅実なところ(お祭り好きだが)に起因しているので、確かにYahoo!辞書の内容に当てはまる部分もなくはないかな、と。

つまり、①は正しい。 (半分ね)

② ティム・ダンカン
これはいるので正しい。
スパーズの大黒柱ですから。

③ 黒と白
これも正しい。ユニフォームの色。
selection-j_nba-100920rrj41.jpg

④ 特に印象ない
①~③まで3つもあるので却下。

⑤ なんかチームつくりがうまい(汚い)イメージ
はい、これは一体どういうことでしょうか。
確かにオフシーズンのNBA雑誌等で良く目にする「○○シーズン全30チームガイド!」とかでは、概ねスパーズの評価は良いようなイメージは確かにありますが、NYファンに言われるとは思いませんでした。 もしくはアイザイアGM時代(またの名を暗黒時代)が記憶に新しいNYファンだからこそ、そう思うのでしょうか。

ところでチームつくりって、また広義なワードが出たもんですが、チームつくりとは何かを考えてみました。
一般的には下記に分類されるチーム増強策の総称ですよね。

1) ドラフトによる新人選手の獲得
2) フリーエージェントによる選手の獲得
3) トレードによる選手の獲得、というか交換
4) 選手の育成
5) 選手の育成に関わるヘッドコーチ、アシスタントコーチ、その他各種トレーナー、チーム運営人員の獲得
6) 上記人員獲得に関わるGMの獲得
7) チームひいてはコミュニティの充実を図る戦略の立案・実行

順番はさておき、こんなところかなあと想像。

cards_online_poker.jpg


<続く>
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。