FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヒューストンが22連勝で、歴代NBAの記録の中でも2位らしいです。
このあいだハイライトを見ましたが、いやあ実にスムーズなパス回し。 スキップ(R・アルストン)ってこんなにバスケット上手かったっけ?と思いました。 キングス強豪時代を髣髴とさせるバックドアは連勝もうなずける完成度です。

Wilt_Chamberlain_870412.jpg

連勝記録1位はレジェンド、W・チェンンバレン率いるレイカースの33連勝!

スパーズはというと、

▼ 現在4連敗中。 これでここ7年でのチームの最多連敗記録にリーチがかかったらしい。

▼ 先週のの1stクォーター最低得点記録の5得点は記憶に新しいですが、今週は4thクォーターの最低得点記録8得点をマーク。 さあ残すは2ndと3rdだ。

▼ それでもポップは2週間前と比べてだいぶましになってきたと思ってる様子。 2週間前はワイルド・ウェストの1位に君臨していた時期。 ちなみにこの連敗で西の5位タイへ。 厳しいなぁ。

▼ 今日のボストン戦、残り3秒で逆転をかけたシュートを放つも外してしまい頭を抱えたR・オーリー、「タイムアウトを取るべきだった。」 稀代のクラッチプレイヤーがそう言うならそうなのでしょうが、僕にはフリーのトニーかマヌにパスをするべきだったよう思えました。

▼ そして残り3秒でKGのパスをカットした、ある意味もっともタイムアウトを取るべきだったB・ボウエンはタイムアウトが残ってるか分からなかったらしい。 だから慌ててオーリーにパスしたらしい。

▼ そのことについてポップHC、「私のミスだ。」 試合の展開がヒートアップしていて、タイミングを逃したらしい。 いやーこうしてポップがコーチの責務を買って出てくれてるんだから、オーリーさんは自分を責めずにプレイオフでこの借りを返してください。

pop_and_parker_080319.jpg

▼ またこの連敗中にNBAの偉大な記録がひとつ途切れました。 それはB・ボーエンの持つ500試合連続出場というもの。

▼ この前のニューオーリンズ戦でC・ポールをチェックした際、“蹴った”ととられて宿敵ストゥ・ジャクソン氏(NBAナンバー2)から出場停止のお達しが。

▼ 映像を見てないのでなんとも言えませんが、ポップHCいわく、「厳しすぎる裁定だ。 何年もリーグにいて同様の(もっとひどい)プレーも何度となく見てきたが、ここまで処罰が下されるのは聞いたことがない。 (記録に誇りを持っていた)本人の落ち込みは相当なものだろう。」

▼ ボー師は災難が続くなぁ。 でもタイムアウトの残数は覚えておこうぜ。

スポンサーサイト
2008.03.07 ダンクの定義
ダンク (Dunk) = 〈液体に〉 浸すこと。
            〈バスケットボールで〉 ダンクシュートすること。

            だからそのダンクシュートって何さ。



 ・ Dunk on で、 〈人を〉 やっつける [ぶちのめす] 。
 ・ Slam-dunk (スラムダンク) で、 確実な という意味もあることが判明。
 ・ あの有名な Dunkin' Dounuts (ダンキン・ドーナツ)は何にも関係ありませ・・・・・・と思ったら、あるみたいです。 なんでも語源はドーナツをコーヒーに浸して (dunk) 食べるから。 いや、そんなアメリカ人見たことないんですけど。

いやはや、ダンク (Dunk) に 叩き付ける とかそんな意味があるもんだと思ってました。

▼ Wiki(ウィキ)によると、

ダンクシュート = ボールを手から離さず直接ゴールに入れるシュートのこと。

・・・・・・ハワード。

▼ YouTube(ユーチューブ)で凄ぇっ!てダンク見かけたので貼り付けてみます。



初めて見たけど、なんなんだこの人は。 有名人ですか?
この人の国の人々は早く彼に陸上か体操競技をやらせてください。 フィギュアスケートも可。 金メダル獲ってくると思う。

いろいろあった今週のスパーズ。
気がつけば連勝も伸び、不思議なことに西の1位に躍り出ました。

parker_080302.jpg

▼ オールスター明け以降、1人プレイオフモード全開のM・ジノビリ。 得点は30点越えを連発、キャリアハイの15リバウンド、同じくキャリアハイの12アシストを記録し、先々週のプレイヤー・オブ・ザ・ウィークに選ばれました。

▼ 今になってNBA記者の人、「あれ? マヌ、オールスターに選ばれてなくない??」

▼ また、25日のアトランタ戦でフランチャイズ・レコードを更新する1クォーター5得点を記録。 FG%も17本中1本(6%)という最低記録。 それでも勝ってしまったことについてポップHC、「悪い見本としてDVD販売しないでくれ。」

▼ それでもチームは11連勝。 何なんですか、このチームは。

▼ 大本営NBA.comのパワー・ランキングでも1位に。 そこでのコメント、「ようやく主役の登場かな。」

▼ しかし、この連勝にもかかわらずポップHCは試合内容が不満で仕方ないらしい。 4日のニュージャージー戦後、ミーティングで雷を落としたらしい。 ミーティング後のT・パーカーいわく、「(ポップHCは)絶叫してたよ、試合に負けたみたいだった。」

▼ ポップHCのコメント、「無様な試合だった。 もし今日T・ダンカンがいなかったら、我々は観に来たファンにチケット代を返すべきだ。」 て、手厳しい・・・。

▼ 個人的にはD・ストゥダマイヤーがフィットしきれない気がしてます。

▼ そして11連勝中なのに、ゲーム差が縮まってる西の現状(ヒューストン17連勝!)って一体。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。