上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NBAパブリックビューイング 2011ファイナル第5戦 MIA vs @DAL (スポルディング社主催) @恵比寿アクトスクエア

h2nba.jpg

久しぶりの更新。
スパーズフリークにとっては鬱陶しい (※1) マーク・キューバンにツンデレているようで(べ、別に好きで応援している訳じゃないんだからねっ)本来嫌なのだが、キッドは別な点、また誇りもなにもないマイアミ3キングス()にNBAを制される=暗黒時代到来よりははるかにましな点からDAL目線でファイナルを注視している。

そもそもマブス自体は非常に良いチームだと常々思っている。ノヴィツキーの凄さも偉大さも、ずっとスパーズを応援していたからこそ身に染みてよく知っている。本来こんなに過小評価されるべきチームでも選手でもないはずだが、ジョーダン時代の東のチームのさながら、スパーズとその度に激突し(なぜかLALとはプレイオフでの対戦が無いらしい)、スモールマーケットなサンアントニオ以外に広く認められることも無いまま今に至っている感がある。

この2チームが少なからず別時代にピークを迎えていたらと思うことさえあるぐらい、西のプレイオフ緒戦で散らしてきた火花は時のファイナルよりも熱く激しく記憶に焼き付いているのだ。

逆説的に、だからこそスパーズフリークはダラスの強さを1番認めているとも言える。

そう、考えてみれば、マーク・キューバンとジェイソン・テリー (※2) 以外、ダラスを嫌う要素はほとんどないのだ。(Beat L.A.的なライバル関係による感情の高ぶりは勿論あるが)

※1注 20XX年のリバーウォークの泥水のような発言以来、キューバンは全サンアントニオ市民を敵に回した。 リバーウォークはサンアントニオの中心であり、観光名所でもあり、市民の憩いの場でもある・・・確かに水は綺麗とはお世辞にも言いがたいが)

※2注 20XX年の功労者マイケル・フィンリーへの不適切な発言以来、テリーは全サンアントニオ市民にとってアラモ砦の周りに落ちている馬の糞と同じ存在になった)

imagesCAWER1H3.jpg

閑話休題。

要するにMIA vs DALという今いちテンションのあがりきらない組み合わせとなったNBAファイナルを、スポルディング社主催のビューイングパーティーにキッド&ノヴィツキーリスペクトで参加しましたということです。

いやー大人になると1つの行動に理由が必要となる好例ですね。
NBA観ながらワイワイ盛り上がりたかっただけなのに。
自分でここまで書いて情けなくなりましたよ。こんな大人になっちゃって10代の頃のおれごめん。よって訂正します。

やっぱりNBAが大好きだから! ビューイングパーティー参加してきたよ! キッドに敬意を表してライバルDAL応援で!

ilovethisgame.jpg

さて、ビューイングパーティーの会場となったのは恵比寿にある「アクトスクエア」というダイニングレストラン。花男の舞台として有名な恵比寿ガーデンプレイスの向かいに立地しているだけあって、店構えから醸し出される高級感が半端ない。普段まず行くことの無い感じの店先で既に日和るも、入口前にどーんと置かれた巨大バスケットボール(スポルディングの文字入り)のオブジェに「ここだよ、おれは間違ってないんだよ」と言い聞かせ入場。見事な景観ミスマッチを作り出してくれた主催のスポルディング社にひとまず感謝。

事前に予約していったので、すんなり受付をパスし、2Fへ。
階段を抜けるとそこは・・・


261994_134011013346242_101844883229522_250156_3369393_n.jpg


不思議の国でし 360度の大型スクリーンに囲まれた熱狂のるつぼでした。(ちなみにかなり遅刻)


写真! 写真みて、この興奮ぶり伝わりmgwhggus 高まる〜!!

会場は満員。
中央に椅子が置かれているのですが、そこをぐるりと取り囲むように立ち見客で溢れてる。遅刻していたので座れるはずも無くさらりと立ち見テーブル脇に陣取る。

歓声の大きさから判断するに、個人的には意外や意外、6割ちょいぐらいがダラス応援だったと思う。

マイアミ3キングス()色に染まったミーハーな会じゃなくて本当に良かった。

試合はしかしMIAが5点前後をリードしており、しかもその差が全く縮まらない。入れられたら入れ返し、止められたら止め返すじれったいけど手に汗握る展開が続きに続く。

MIAを牽引しているのはウェイド。 数年前のコービーからジャンプシュートをなくしたようなプレースタイル。 レブロンはなぜか全く目立たない。

あまりMIAの試合を観ることはないが、ディフェンスが締まっていることとウェイドの個人技以外はよくここまで勝ち上がってこれたなというのがパッと見の感想。 ファーストブレイク止められると何か似たようなボールの回し方ばかり。 せっかく獲得したビビーが出ていないのはなぜ? レブロンがボール運びからやっていたり、ボッシュはポストアップ全然しなかったり、何か普通のポジション通りではないチームな感じ。

imagesCADXZV3Z.jpg

DALはノヴィツキーにボールを集めるいつものスタイル。 気合いが入ってるのは外からでも分かるプレーっぷりだが、常にダブルチームされており、惜しいシュートが続く。(てか、シュートまで持っていってるのが凄い・・・パス捌いた方がいい時もあるけど、これはエースゆえか)

ポイントゲッターはテリー。 相変わらずシュートセレクション悪ってときでも沈めてくるので文句言えず。 いや、ついているディフェンスがレブロンだったりするので、むしろここのマッチアップで勝ってしまっているのはとても大きい。

ディフェンスは、キッドが本当にバスケを良く知っているというデュフェンスをする。 何度かキッドがオフェンスチャージングを誘い、会場は割れんばかりの大歓声。 まさか日本でキッドの守備みて「ディーフェン!(手拍子)ディーフェン!(手拍子)」コールをする日がくるとは!

あと、DALセンターのカーディナルやチャンドラーがいいディフェンスをしている。 特にカーディナルは実はあまり上手くなくファウル取られたりしまくるのだが、誰より気合い入れてマッチアップしている姿が、MIAに徐々にプレッシャーを与え始める。 これがディフェンスで引っ張るということか。

ノヴィツキーはディフェンスは本っ当にザルもいいとこ。 つまりオフェンスでもディフェンスでも実は空回りしているのだが、周りが元気いいのはそんなノヴィツキーだからかもしれない。

結局、終盤ファースとブレイクが全く出なくなるのと時を同じくして、ウェイドが1人で牽引&空回りという、よく見るとさっきまでDALに起きていたことがMIAにも起きる。 しかしそこでステップアップして助けてくれるチームメイトはマイアミにはおらず、逆にダラスは終盤で全員が活躍。 際どい3Pがことごとく決まるという幸運も後押し(というかその流れを持ってきた時点でダラスの勝ち)し、DAlがホームで第5戦をものにしました。

imagesCATXQ2ZR.jpg

久しぶりのNBA観戦だったけど、良い試合だった。
ぜひまた行きたい。

試合後、スポルディング社主催でNBAレアグッズのチャリティーオークションも開催されるということだったが、試合が盛り上がって時間が押した為(あれ?録画じゃなかったの?)、なんと3品のみの出品。(笑) 出せなかった商品は次回のビューイングパーティーに回すとのことです。

次回って、来シーズンロックアウトになったらいつになることやら。



actsquare.jpg

恵比寿アクトスクエアのwebページ
パブリックビューイング特設ページ

スポンサーサイト
いやー開幕数試合しか結局更新できませんでしたね。 :p
更新頻度を維持している社会人ブロガーの皆さん真剣に尊敬します。

そして今日は溜まってた振替休日の消化を上司に言い渡されぽっかりと空いた時間を使って、今期中盤から感じていたどうしても言いたかったことを書かせてもらおうと、重い筆をとりました。 (ブログ久々過ぎて、導入に無駄に文章重ねてるのを自分で止められない X<)



さて本題。

自分はNBAをがっつり見始めて13年(スパーズ初優勝の99年から)、ミーハーに見始めてからは19年(クーコッチ is My Men時代)になります。 これはジョーダン3ピート、ナイキエアマックス流行、スラムダンクの流れで育った世代のほぼほぼメインストリームを地でいっていると言って良いウォッチ暦だと思います。(20代中盤~30台中盤はうなずいて良いよ)

4c3714d0b18b74a543e61a7adb91e886[1]

往年のNBAウォッチャーの方々ならピンと来るかと思いますが、自分ががっつり見始めた99年以降というのはNBAではちょうど1つの大きな時代の終焉直後、ブルズ王朝の崩壊後からです。

この年以降、NBAはポストジョーダンとなりうるスーパースターを探しつつ(候補はあれど、見つからず)、新たな潮流へと舵を切りグローバル化(マジックvs バード、ブルズ王朝と大きく育った事業を存続・より拡大させていく為にはより大きな市場を切り開くしかない。良くも悪くもそれが資本主義)の流れを加速させていきました。

まさに輝く王朝から群雄割拠の戦国時代へ。

そ し て こーの時代は、個人的には最高だった。
すげー面白かった。 (特に西。)

images.jpg imagesCA9E1DXD.jpg imagesCALCHQVD.jpg imagesCAEUSA4A.jpg imagesCACLGAF4.jpg imagesCAUFJ7WL.jpg imagesCANT2CGI.jpg


ブルズやジョーダンのような歴史に燦然と足跡を残した強烈な主人公は確かに不在だったかもしれないが、でもそれゆえに1人1人にスポットライトが届き、複雑に入り組んだ関係性の中で、最後の最後まで真打ち登場を待つドラマ。

だからこそ、他のチームの選手も浅からず覚えた。
だからこそ、自分だけの主人公に深く深く肩入れした。

不思議なことに勝者の顔ぶれは同じメンツ(P・ジャクソン、シャック、コービー、スパーズ・・・・例外は2004年デトロイト)が多かったけれど、プレイオフ緒戦での激闘はポストジョーダン時代のほうがはるかに多かったように思う。 そしてファンはマイチームの語られぬ歴史を深く胸に刻み込んだ。

流れが変わったのは、KGのボストン入り。
正直、今のNBAの安易なビッグ3結成の流れを作ったのはこのトレードだったと思う。

レイ・アレンのFA移籍は全然いい(むしろ男前だ)が、この後のKGのトレード志願には完全にがっかりした。この前兆としてあったLAL殿堂入り軍団結成(K・マローン、G・ペイトンの格安LAL入り)と併せて、今日に至る安易なビッグ3結成とフランチャイズプレイヤーのトレード志願のトレンドを創り出してしまったと言える。

そしてこの頃からNBAに影が差し始めた。
いや、話題的には大きく露出の最大瞬間風速的には増えたのかもしれない。

しかしこれにより、スモールマーケットのチームはスポットが当たらなくなり始めた。
それまで陰ながらNBAを支えてきた英雄乱立による一刀ごとの火花は、騎馬隊を持っているチームが主流の戦場に変わってしまった。(もちろん少なからずそういう戦いはあったが、掘り下げられ、日本のいちファンのところまで降りてくることは減少した)

つまりNBAの中での見えない格差が増大し、一部のヒエラルキーの下部にいるチームは信じて支えてきたフランチャイズプレイヤーが違う色のユニフォームを着て、ライバルと思っていた選手達と「ケミストリーが・・・」とか言ってる様を見せ付けられることになった。

ビジネスもあるし、それを否定はしないけど(いや本当にそのつもりはないんです。ここまで書いた分読み直すとかなりバイアスかかってるのは自覚してますが)、選手個々にしっかりスポットライトが当たり、剣を打ち合った際の一瞬の火花に鮮やかさと一抹の寂しさを見せるNBAが好きだった自分としては。 やっぱり今のNBAは大味感がする試合が増えた。 本当はそんなことないのに、日本にいると、試合をライブで観れないと、妙味が味わえないのだ。

太陽に照らされた輝けるブルズ王朝時代のNBA
幾つもの星々が織り成すきらめく夜空のような王者不在のNBA

20091119425897.jpg

その時代ももう終わる。
新しい時代はもう走り出している。

何年も観てるけど、今季は久しぶりに、はっきりと次の時代の足音が聴こえたシーズンだった。

いや今すぐ勢力図が変わるって話じゃないけどね。
来季もスパーズは間違いなく強い(優勝候補筆頭でしょ)と思うし。

さて、支え続けた巨星(J・スローン、P・ジャクソン、シャックも)は墜ちた。
まぶしい尾を引いて、最後はすっと消えていった。

さあ彼らに手を合わせよう。

imagesCAO2OJRL.jpg

次代のスター達が、このまぶたの中に今でも鮮烈に思い浮かぶかつて輝いたまばゆい星の光のように、いやそれ以上に、新しいNBAの空を彩りますように。

願わくば。
Twitter上では若干つぶやきましたが、
NBA2010~11シーズンの開幕戦となる MIA vs BOS を 「ZEST Cantina」 @恵比寿 で観て来ました。

zestgj09w4uts.jpg
「ZEST」のお洒落な外観

この日は NBAドットコム・ジャパンTwitter on 「DUNK SHOOT」等々でも告知されていた + 注目のスリーキングス(苦笑)のお披露目とあって、会場となったZESTはスタンディング形式にかかわらず大混み!!

そしておれは今回初参加!
金曜夜のテキーラナイト以外では初めてZEST来た。

料金は3,000円で2ドリンク付き。
バイキング形式のスタンディングパーティースタイルでの観戦です。

10-10-27-3.jpg

かなり大きなスクリーンが吹き抜け部(ロデオのあるスペース)をドーンと占め(ZESTに行ったことある人なら分ると思うが、このお店自体結構広い)、なかなかの迫力!!

実は壁際奥のほうにはソファーテーブルが幾つかあったが、会社帰りで駆けつけてもギリギリだったので座れるはずもなく、スタンディングフロアの真ん中右寄りに陣取る。 (※ AND1の時も申し上げたが、サラリーマンに19:00開始はちょっと厳しい。 ← ビューイングパーティ関係者の皆さん宜しくお願いします。)

2F席は比較的余裕ある感じだったが、業界の人っぽい方々がカメラを持って見下ろしており、関係者オンリーかと思って確かめないまま諦めました。

だって試合が始まっちゃう。

ゲーム前にMC(VJ?)ぽい人(名前を失念 ><)が、アメリカ横断ウルトラクイズの「ニューヨークへ行きたいか~?」ばりに、「レブロン達の移籍を支持するか~!?」みたいなマイクワークで盛り上げるが、迷わずブーイングを浴びせる。 (会場での賛成派は4割ぐらい・・・・意外に多くて内心ショック)

これで会場のテンションもギアチェンジ。

というのもここZESTではマイアミファンよりボストンファンのほうが多かったからだ。
実際の試合もボストン開催ということもあり、ビューイングパーティーもボストンのホームといった雰囲気。

そして恵比寿に集まった人々の声が届いたのか、試合は序盤からボストンペース。
以下、試合内容で印象に残った点をつらつらと。

・ 序盤からシャックの2連発ダンク! 1つは走りこみながら!
  会場の雰囲気を持っていく。
  衰えたと言う人は多いが・・・・まだまだ現役トップ10に入る(攻撃だけならトップ5かも)

・ 若干、アイバーソンのことを想う。 トルコか・・・。

・ そしてこのシャックのプレーを陰でアシストしているのはロンド。
  しっかりプレー観るの実は初めてなんだけど、正直アンダーレイテッドしてました。
  ロンドのプレーが試合の多くの場面を動かしている、観ていて面白い。

・ 逆にマイアミのPG不足は深刻。
  控えで出てきたハウスだけはいい感じ。

・ レイアレンの素敵さを再確認。 苦しい時に回ってくる3Pをことごとく沈める。
  そしてその度に会場に響く「レイ~」という黄色い声援。 女性は見る目がある。
  おれも今日からブログではレイ様と言うことにしようと心に決める。

・ レブロンは・・・・・なぜ移籍してしまったんだろう。

・ シャックの代わりに出てきたビッグベイビーの巨体に期待したが、プレーの質はシャックと全然違う。
  なにこの器用さ。(笑)

・ ボッシュは空気。 まったく存在感ない。 このコ本当に大丈夫?
  好きじゃないから構わないけど、マイアミがこの日苦戦した主な理由は、ボッシュがインサイドでタメを作れないから。

・ レブロンが1人で何とかしようとして、3P決めまくる。 そして追いつきかける。
  完全なデジャビュ。 去年までのキャブスとまるで違わないプレーと展開。 ユニフォームが違うだけ。

・ レブロンは・・・・・なぜ移籍してしまったんだろう。

・ ボストンのディフェンスは強固。 これでシーズン開幕戦とは恐れ入る。

・ レブロンは・・・・・なぜ移籍してしまったんだろう。

・ レブロンは・・・・・

最後の数分間は見せ場を作るも、試合は最終的にボストンが逃げきる。 (ボックススコア
試合全体は終始ボストンのペースだった。

finals10_pvp_29.jpg

レブロンとウェイドは最後に恐ろしさの片鱗を見せたが、2人が1オン1するだけではどうにもならず、終了のブザー。

初めてだったけど、行って良かったです。
「ディー・フェン・ス」コール等、一体感があって盛り上がりました。

次はユニフォーム着て行くぜ!
スパーズユニフォームしかないけどな!

2k11_20100721_12.jpg nba-2k11-20100729055605895_640w.jpg Jordan1_tn1.jpg

最後に、協力企業のTake-Two Interactive Japan社より、抽選会として「NBA2k11」のゲームソフト(ジョーダンが表紙のやつ)をXbox、Wii、PS3で各2本ずつ、最後はそれに加えてPS3本体も!という大盤振る舞いでしたが、かすりもしませんでした。

そんなこんなであきさんのNBAシーズン2010~11、スタートです。


あき
先週は忙しくて更新できなかった。 ><
そしてその間にプレシーズンゲームが全部終わってしまった。

101017_2.jpg

メキシコ遠征後は、以下5試合で実践を試したスパーズ。

10/11 SAS vs @CLE (ボックススコア
10/14 LAB vs @SAS (ボックススコア
10/16 SAS vs @OKC (ボックススコア
10/21 HOU vs @SAS (ボックススコア

この中では、MVP候補デュラント率いるサンダーでもヤオ・ミン復活のヒューストンでもなく、特にNBAではないチーム、昨季スペインリーグの覇者ビクトリアのCaja Laboral戦に興味あったな。

なんせこのCaja Laboral、何を隠そう今季から合流したティアゴの元在籍チームなのです。

101017_24.jpg

そんな訳で、プレシーズンゲーム後半の総括をつらつらと。

・ Caja LaboralにM・ウェルタスいる!
  ウェルタスは、世界バスケで活躍したあきさんイチオシのブラジル代表の正PG。 テレビで観たかったよう。

・ ティアゴ結局プレーできず。 未知数。 白スーツ。

・ デュアン相変わらず好調。 今シーズンのMIP戦線に名乗りをあげるか? (ファンの期待大)

・ ダイスの出場中はチームがピリッと引き締まる・・・・気がする。
  この人は引退しても良いコーチ・良いパパになりそう。 でもなるとしたらデトロイトでかな、やっぱり。

・ デュラントのアンストッパブルぷりは堂に入っている。
  サンダーというチーム自体も面白い。 さすがはサム・プレスティGM(元スパーズ)!!
  でも、世間が騒ぐほど勝てるかな・・・・。

・ むしろロケッツに波が来てる気がする。 今年はライジングするんじゃないだろうか。
  スコラは本当に良い仕事をする。 なんでスパーズと契約してくれなかった!
  そしてやはりアデルマンHCの指揮するオフェンスは流れるようで止められない美しさ。

とまあこんな感じ。

そしてロスター戦線に動きがありました。

まず、カーティス・ジェレルズがトレードでニューオーリンズへ。
代わりに条件付の2順目指名権を獲得。

これは、サラリー削減の一環でしょうか?
プレー自体は第3PGとしては及第点+伸びしろもあったように思いますし、だからこそニューオーリンズもD・コリソン放出してしまって薄くなった分の補強に欲しがったのかと。

逆にギャレット・テンプルはライバルがいなくなって、ロスター争いは頭1つ抜けた感があります。
能力は甲乙付けがたい2人だったので、たぶんどちらがフィットしそうかの選択だったのでは。

101017_13.jpg

次に、ジェームズ・ギストをウェイブ。
そして、マーカス・カズンとケビン・パーマーをウェイブ。

あらら・・・ギスト切っちゃいましたね。 良い若手だと思ってたのですが。
そしてビッグマンのカズンもアウト。 どちらかは残すと予想してたので少しびっくりです。

ケビン・パーマーは・・・・あれ?いつロスター争いに加わってたの?
いつの間にかチームに帯同してて、カットのときに初めて名前を見ました。 グッドラック。

これで、現在のロスターは、14名。

ポップが13~14名まで絞ると言っていたので、もしかするとあと1人カットがあるかもしれません。
ゲイリー・ニールが良いアピールを続けているので、切られるとすればアロンゾ・ジーか。

スパーズがセルビア代表の正PG、ミロス・テオドシッチを狙っているという噂もあるし・・・・まだまだ大きな動きがあるかも!! いやはや・・・・もう開幕が待ちきれないぜ!!!


あき
先日のスパーズは、プレシーズンでメキシコ遠征。
ヨーロッパゲームや中国ゲーム等々が度々取り上げられてますが、地味にスパーズも海外ロケです。

mexico_1010_5.jpg

mexico_1010_6.jpg

むしろここ10年程はリーグでも随一の「インターナショナルプレイヤーを多く抱えるチーム」がスパーズなわけですから、NBAのグローバル戦略にこれほどマッチしたチームはないはずなんです、本当は。 ファイナル視聴率が低いってよく言われるけど、それはアメリカ国内だけの話・・・・世界の舞台で言えばスパーズがファイナルに出ることはとても意味があるんです。

あ、話が逸れました。

上記の写真は、メキシコで開かれたバスケットボールクリニックの様子。
試合だけではなく、地道にこういう活動を続けてるところがNBAの素敵なところです。

先日、コミッショナーのディビット・スターン氏が2014年までにブラジルでNBAのゲームを開催してみせる、との強い宣言もありましたし、バスケットボールの国際化は今後一段と大きな流れとなっていくことでしょう。 (ブラジルゲームが実現した暁には、ティアゴのいるスパーズはかなりの候補となる気がする)

あ、また話が逸れました。

とにかく今日はメキシコゲームの話。
対戦相手は、LAクリッパーズ。

プレシーズンなので、試合結果(ボックススコア)は置いておいて。
内容で、気になった点をさらりと。

・ ブレイク・グリフィンやべぇぇぇ!!! 確実に今シーズンの新人王は彼でしょ。
  アマレがデビューした時(マヌのデビュー年?)も凄いの出てきたと思ったけど、超えるかも。
  この日はティミー相手に、13得点(FG5/11)17リバウンド3スティール。

・ 今年のドラフトルーキー、ジェームズ・アンダーソンの動きがいい。 特に守備(新人にしては)。

・ 逆に、あきさん気になってるもう1人のジェームズ(ギスト)はほとんど出場できず。
  全くの不出場となったアロンゾ・ジーと共に、ロスター争いは1歩後退か。

・ 相変わらずRJの1つ1つのプレーの反応の遅さが気になる。 (ボー師やブレントと比べてしまう)
  でも、相手を抑えてはいるんだよな・・・・謎。

・ デュアンは本格化してきた。 いや、まだまだだけど、時々その兆しがあってドキドキ。
  もしかして今年のMIP候補? (笑)

・ ポップ、最後の采配がさすがすぎる!!!!!!!!!
  この人は、本当にいろんなものが見えていて、人を惹きつける。 (詳細後述)

とまぁ、こんな感じ。

そして、この試合の最後の、思いもよらぬサプライズとは・・・・。

176767002.jpg


ヘッドコーチ・マヌ!!!


なんぞね! これ! (笑)
この試合最後の1プレー、残り10数秒、99-97でスパーズの2点ビハインドの状況から、名将ポップのプレーコールは、なんとマヌへのヘッドコーチ代行! これにはメキシコのファンも驚き&大喜び♪

タイムアウトの中、ボードに線をびっしり描き込んで熱心に説明する、マヌ。

そしてゲーム再開後、2つのスクリーンからボールは3Pラインへ抜け出した、ゲイリー・ニールへ渡り、大逆転の決勝3Pをスウィッシュ!

YouTube動画はこちら



面白すぎる。
本家NBA.comの記事に、コートサイドで最もファン・エンタテインメントを感じたかったらスパーズのホーム試合へ行けと出てましたが、この記事を書いた方は良く分かってらっしゃる。 (リンク先失念、あの時保存しとけば・・・(悔))

そしてポップもあらためて、よく分かってる。
試合開始最初のプレーがハック・ア・シャックとかね。

こんなに面白いのに・・・・素敵なチームなのに・・・・いまいち地味でメディアの扱いも良くない。
でも分かるんだ、本当は。 なぜかって。 その理由はたぶん全て、メキシコ遠征中に撮ったこの1枚の写真に詰まってる。

mexico_1010_14.jpg


歴代最高のPFとの呼び声も高い、スパーズのフランチャイズプレイヤー“ティム・ダンカン”は何処!?


ぱっと見て、チームの大黒柱、将来の殿堂入り候補がどこにいるか分かりますか?

はい、答えは、最後尾右のほう・・・・これじゃティミーじゃなくて地味ィーだよ。
開幕ロスター争いしてる無名の若手がいる位置だよ・・・・。

てか、パスカル(PASCUAL #00)って誰だよ。
ちゃっかりトニーはその隣、ベストポジションに収まってるし。 (笑)

ま、今となってはこんなスパーズを愛してやまないわけですが。

そしてマヌ、お前はシャツの襟を直せ。


あき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。